【豊田市】豊田市で麻疹(はしか)が発生しました。感染拡大に注意しましょう!

2019/06/03 08時00分

2019年5月28日、豊田市で麻疹が発生しました。
患者さんが、5月27日にトヨタ記念病院を受診した際、別室で対応をするまでに感染が広がった可能性もあるため、豊田市が注意喚起をしています。

 発熱
麻疹には、次のような特徴があります。
①潜伏期間10日程度
②鼻水、咳、発熱など風邪のような症状が2〜3日続いた後、高熱・発疹がでる
③肺炎や中耳炎などの合併症をおこしやすい
④1000人に1人が脳炎を発症する

病院の受信
麻疹は空気感染するなど感染力が非常に高く、合併症も起こしやすい病気です。
潜伏期間が10日程度なので、トヨタ記念病院で患者さんと接触した可能性がある場合、6月6日〜8日あたりに症状が出ることが考えられるようです。

発熱・発疹の症状がみられたら速やかに医療機関を受診し、感染拡大を防ぎましょう。
その際、麻疹のような症状があることを、電話で事前に医療機関に伝えておくと、感染拡大予防につながります。
麻疹について、詳しくは豊田市ホームページで確認できます。

(あーたん)

ジモネタ豊田市

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ